かわにし音灯り2023

今年も音灯りの季節。

川西では最大級の音楽イベントなのに、毎年キャンドルがらみだけを目的にやって来る私と娘。

小学校と勝福寺さんとで2つのキャンドルカバーを手掛けた娘。
どっちも確認して、今年の任務完了の気分。

会場にはたくさんの人がいて、娘は何人かクラスメイトと出会ってはしゃいでいた。
私も久しぶりのママ友と再会して少しお話した。
ドラッグストアでバイトをしていてとても大変だったところ、知人からクリニックの受け付けの仕事を紹介されて今は待遇がよくなった、と喜んでいた。

ステージから聞こえてくる音楽は去年よりもかなりよさげだった。
今年はゲストに奇妙礼太郎さんも呼んでいるということで、なんか気合入ってるな。

ゲームのブースが出ていたのでちょっと遊ぶことに。
紙コップにボールを投げ入れて、入った数によって景品が決まるやつ。

なかなか入らなかったので「もっと近くに来てええで」とおまけしてくれた。
やさしいな~。

日が暮れてきたころ、会場のあちこちに火種を持った係りの人が現れた。
周りの子どもたちに「これでキャンドルに火を点けて」と長細い棒を配り始めると、娘はすぐにもらって来て、そこから次々と明かりを灯して行った。
火種が燃え尽きると次の棒をもらいに行き、熱心に点けて回っていた。

よく考えると火の灯ったキャンドルを見るのは初めてやね。

そして魚べいに夜ご飯を食べに行った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする