まがり書房

久しぶりに池田に行く機会ができたので、まがり書房さんへ。
前から売りたいと思っていた本をカゴに入れて自転車に乗った。
絹延橋を渡って、サカエマチ商店街に近づくとやたら多い通行人。
みんなマップのような用紙を片手に歩いていた。
なんだろう、と思ったら

IKEDA文化DAYというスタンプラリーを絡めたイベントが行われていた。
池田市って、何気に有名施設が多いもんね。

商店街の中でBOTAFESというポスターを発見。
川西出身の二大スター、キンコン西野さんとプラントハンター西畠さんの写真付き!
え、池田市に2人が来るの?!と思いきや、コラボ作品の展示とのこと。
なーんだ。
でも、おもしろそうなイベント!

サカエマチ商店街も他地域と同様さびれてきているとはいえ、まだまだがんばっている。

途中でおもちゃ屋さんに立ち寄ったり、カフェの様子をうかがったりしながら進んで行き

この「すみれ薬局」のお向かいにある
(写真がブレててすみません!)

こちらの路地へと曲がる。

そしてこの、味わい深いけど何の変哲もない角を折れると

まがり書房さん。
ほら、旗に「まがり」って書いてある。
こちらは古本をメインに扱っている書店で、2年前にオープン。
確か、お家を「間借り」してるというのが由来だったと思う。
スリムなご主人がメインで経営してて、おしゃれな奥さまがサポートみたいな感じ。
私が持ち込んだ本を渡すと
「すごく選んできていただいたんじゃないんですか?」
と感心された。
言われてみれば、そうかな。
『白洲正子の着物』『モノマガジン』『西岡兄妹 アックス vol.15』『ガロ1998年400号記念号』それとあと1冊あったような。
とくにガロは
「ぼく、これ売れないですよ!」
とおっしゃったので、もしかして高額なの?!とちょっと興奮したけど、全部で250円の査定だった。
でも、別にええねん。
今回の本は「好きな人のもとに行ってほしい」と願ったものばかりなので、まがり書房さんでステキな再生をしてくれれば、それでいい。
私の手の上で硬貨はピカピカだった。

ちなみにまがり書房さんへの行き方は他にもある。

Pizzeria Pancia Piena (ピッツェリア パンチャ ピエーナ)の南向かいにある駐車場

この「タイムズ池田栄町第4」の横をすり抜ける。
車でお越しの際は、この駐車場に停めると5秒くらいでまがり書房さんに着けるよ~。
昼間は20分100円で、最大料金設定はないみたい。
(2019年11月2日現在)