塚口さんさんタウン付近(尼崎)

すごくすごーく久しぶりに来た。

塚口さんさんタウン
…久しぶり?いや、もしかしたら初めてかも?
それくらい、馴染みがないとはいえ・・・なんだ、この郷愁をかきたてる佇まいは。

でも、さんさんタウンの駐車場に入ったのは本当に初めて。
この狭い雰囲気もノスタルジックでいいなぁ。

階段を上がって地上階へ。
くすんだオレンジ色も好き。

この表示灯もレトロで素敵。

最初の1時間が400円で以降30分ごとに200円、最大1,200円。
ダイエーで1,000円以上買い物をすると1時間無料ね、ふむふむ。

さんさんタウンは1~3号館まであったけど、今は1号館と2号館が残っている。
しかもダイエーやマツヤデンキなどの大手サプライチェーンや行政の事務所がたくさん入っていて、個人店はあまりないように見えた。
中で気になったのは「京屋」という着物屋さんくらいかな。
あとは食べるところが何件かよさげだった。

ついでに塚口駅付近をブラブラしてみた。
すると「塚口のみなさーん!」という録音の呼びかけが聞こえてきたのは、テリー伊藤プロデュースの「から揚げの天才」。
7月のオープン当初は人だかりだったそうだけど、このときは誰も寄ってこない店先でテリー伊藤さんのダミ声が響いているだけ。
関西初出店、がんばれ~。

さらにウロウロしていると和心庵という着物屋さんに遭遇。
いつか娘も振袖を着る日が…なんて想像して、感慨にふける。

こちらでは着付けのワンコインレッスンもあるのか。
あー、着物着たーい。。。(リサイクルだけど)

全国紬展かぁ。
宝くじ当たんないかなぁ。。。
まあでも、ハギレ市ならなんとか行けるかな。
いや、でも、「裂」とかだったら高額だしな。

それにしても塚口駅付近はすごい乗降客数の波だった。
川西付近と全然ちゃうな。
人が大好きな娘は興奮してた。
途中にあったタバコ専門店「POPEYE(ポパイ)」の前では数人の男性が喫煙中。
こういう光景も、なんか懐かしいな。