光る絵本と光る満願寺展

今、川西出身の有名人ではイチバン注目されているのではないかと思われる、キングコングの西野さん。
(定番では元ヤクルトの古田敦也さん、ダチョウ倶楽部の寺門ジモンさん、女優の由美かおるさんとか)
地元愛深い西野さんが開いた「光る絵本と光る満願寺展」を見に行った。

普段はきっととても静かな場所であろう満願寺周辺に人や車がわちゃわちゃ。
事前にけいたろうさんの「かわにしマガジン」を読んでいたので、ゴルフ場の臨時駐車場に車をとめて、係の人の誘導に従って、比較的スムーズにたどり着けた。

怪しくライトアップされた境内はとても神秘的。

「ようこそ」といわんばかりに「光る絵本」がお出迎えしてくれた。
暗闇にパーッと浮いて本当にキレイ!
セル画にバックライト当ててるのかな・・・?

仕組みはよくわからないけど、とにかく美しい!
これはたぶん、『えんとつ町のプペル』やね。

ここからは西野さんの新作『チックタック~約束の時計台~』の光る絵本。

円形に設置されていたので、思いっきり腕伸ばして360度パノラマ撮影してる人がちらほらいた。

絵本好きにはたまらない空間だろうなぁ。

展示エリアの近くには絵本の販売コーナーもあって、購入者は西野さんのサインを書いてもらえた。
もちろん長蛇の列。
西野さんはずっと笑顔でサインしまくってた。

その姿に衝撃を受けた。
・・・マジか( ゚Å゚;)
見ているだけで腱鞘炎になりそうやわ。。。

西野さんって、自由なアーティストの雰囲気あるけど、「自由=楽チン」というわけではないんやな、と思った。

本当はもっとゆっくり見たかったけど、アートに興味薄いダンナと2歳の娘と一緒ではそうもいかず。
滞在時間は30分といったところ。
それでも、キラキラが大好きな娘は大興奮で、ずっと笑顔ヽ(*´∀`*)ノ.+゚
いい夜だったな.。*゚+.*.。゚..。*゚+

西野さん、スタッフのみなさん、ステキなイベントありがとうございました。
満願寺近隣にお住いの方々、ご協力ありがとうございました。
(いや、ほんまに近隣の方々がガマンしてくれたと思う。「迷惑なんじゃ~!」って怒鳴り込む人がいたら、たぶんそれでアウトやもん)