ベリタス病院で胃カメラ(川西)

胃痛や胸やけや下痢などがゆる~く続いたので一度診てもらおうと思った。
私は10年くらい前の胃カメラでピロリ菌がいると言われたこともあり、ピロリ菌専門外来のある川西市民病院に行くことにした。

するとどうだろう。
紹介状がないと5,000円だって。
さようなら~。

最初の30分は無料でよかった!

しょうがない、ベリタス病院に変更だ、と思ったら診察券を持参してない。。。
一旦家に帰ってまた戻ってきて、ああ、すでに疲れた~。

実は去年の今頃、同じような症状でベリタス病院に来ている。
そのときにあまり真剣に診てもらえてない印象だったけど、今回も同様だった。
なので、胃カメラをしたいと申し出た。
前にやったのは10年前だし、そのときにピロリ菌がいると判明してランサップという薬を2回にわたって服用したものの、除菌に失敗していた。
そのことを先生に告げると「え?ランサップ2回やったの?」と驚いてた。
まあとにかくピロリ菌がいるなら除菌した方がいいということで胃カメラの予約をとった。

支払いを済ませて病院を出たら、目の前に「ただ薬局」の看板があったので、そのままそこに入った。
処方された薬は整腸剤。
痛いのは胃のあたりなんやけどな~。。
ただ薬局を出てから気づいたけど、すぐ隣にも薬局あったんやな。

朝ごはん抜きで来たからお腹が空いてきた。
利美善さんでランチしよ。
ベリタスの駐車場は患者ということで無料やし。

平日限定、200円プラスで小鉢とごはんと汁物がつくのか。
でも、胃の調子がイマイチやからそんなに食べられないなぁ。

やっぱりいつものラーメンで♪
私が入ったときには先客は男性1名だった。
ところがすぐに男性1名、女性1名、家族連れ4名と立て続けに来店でマスター大慌て。
みんな常連なのか「ここどうぞ」と席を変えたり、家族連れはなるべく同じメニューを頼もうと相談してたり。
マスターも優しければ、お客さんも優しい。
ええなぁ。

10月28日

胃カメラ当日。

予約時に渡された用紙の通りに前日の夜から絶食し、ダンナに車で送ってもらった。
ロッカーに荷物を入れて長椅子に座っていると「胃の泡を消すお薬です」と紙コップを渡され、美味しくないスポーツドリンクのようなものを飲んだ。
「部分麻酔で鼻からカメラを入れるのと鎮静剤で眠っている間に口から入れるのとどちらがいいですか?9割の方が口からを選択されます。口からの方が胃カメラで一度に映せる範囲が広いです」と、質問というか、経口の方をグイグイ推してきた。
私はもともと眠りたかったので「口からで」と即答。
10年前に鼻からやったら、痛くて気持ち悪くて最悪やったもん。

鎮静剤を注射してもらって数秒後には意識が遠のいて1時間後にパッと目が覚めた。
結果は特に問題ないばかりか、ピロリ菌もいなくなってたって!
この日のお支払いは4,000円ほど。
前の診察で2,500円、今度の診察でもいくらか払うだろうけど、とりあえず今日は、晴れ晴れとした気持ちで病院を後にした。