アマビエの風鈴電車で行こう♪(川西)

能勢電鉄は去年に引き続き、この夏も風鈴電車を走らせるとのこと。
そしてその風鈴につけるアマビエのイラストを募集していた。
私も締め切り間際にあわてて応募。
今回、自分の作品を確認しようと、風鈴電車の運行時刻に合わせて最寄り駅に向かった。

来た来た!
アマビエさまのヘッドマーク♪

4両編成の電車のうち、中2両が風鈴の吊るされた車両。
かわいい~!
私が描いたアマビエさまはすぐ見つかって、嬉しかった♪
なのに、写真、ブレブレ。。。
揺れてる風鈴を撮るの、むずかしいな。。

能勢電側が100枚くらいの応募を見込んでいたところ、260以上集まったらしい。
安全性の面からすべてのイラストをガラスの風鈴に吊るすことができず、一部は紙製の風鈴になっている。

やっぱり上手なのは目が行くなぁ。

なるほど、背景を派手な色に塗ると目立つのね。
次またイラスト募集があったら、真似しよう。

よく見るとアマビエさまっぽくないイラストも結構あった。

もう、自由やな(笑)。

風鈴列車に乗ってやって来た川西阪急
お目当ては期間限定オープンの「パティスリー サキモト」のクッキー。
友だちがインスタで「めっちゃ美味しい!」と絶賛してて、きっちり影響された。

開店直後に着いたけど、もう女性客がいっぱい。
一方通行に流されながら目ぼしいものをさっとカゴに入れ、そのままレジに誘導されていくという、ゆっくり選べない状況だった。
でもいったん最初の人波が途切れると、後は無人状態。
なんだ、もうちょっと時間ずらして来ればよかったな。

私の用事が済んだので、次は娘のために「子育て支援ルーム」へ。
前は室内で子どもたちが一緒にふれあいながら遊んでいたけど、今は5つの小さなマットスペースができていて、そのスペース内で親子がこじんまり遊ぶ、というスタイルになっていた。
それでも娘は、家にはないタイプのおもちゃに喜んでいた。
その後ろでスタッフさんたちは、子どもたちが使い終わった後のおもちゃを一生懸命消毒をしていた。

支援ルームで楽しんだ後、アステ1階のちから餅でお昼を食べてから、帰ることにした。
能勢電に乗るために川西能勢口駅の構内に入ったら、旬菜マルクトが開かれていたので、久しぶりに立ち寄ってみた。

どら焼きとかプリンとか、いいな~。。。

手作り感あふれる加工食品、そそられる。

米なすと「亀岡牛ナムルセット」を購入。
ナムルセットは加工者が「ハッピー川西」になってた。