NOMAMISE 2018winter

以前から興味のあったnomaさん。
たまたまネット見てたら一般開放デーのお知らせが!

ぜひとも行かねば!
と、車を走らせたものの。
途中でナビに「目的地周辺です」と見捨てられ、たどり着けなかった。。。

気を取り直して翌日、ダンナに送ってもらって無事到着。
駐車スペースっぽいところに停めた車の中でダンナと娘は待機、私だけがお店の方へ。

まあ、なんて趣のあるお店でしょう。
中は半地下でまるで大人の秘密基地のような雰囲気。
オーナーの能勢マユミさんが声をかけてくれたので色々お話した。

「NOMAMISE」のコンセプトは「クリエイティブの地産地消ショップ」。
地域の中には実はクリエイターがたくさんいたりするけど知られていない。
そこで紹介する機会と場所を提供するのが目的だそう。

能勢さんはスタイリッシュでスリムな宮川花子師匠みたいな方で、流ちょうなお話がいつまでも続いた。
情報満載の楽しいトークを聞きながら展示を鑑賞。
「どんどんSNSにアップしてください!」との能勢さんの言葉もあり、遠慮なく写真を撮った。

美術的要素の高い作品から「なんじゃこりゃ」っと突っ込みたくなるアイテムまでバラエティ豊か。
中でも一番おもしろかったのが陶製インコの「渡る世間は鬼ばかり」。

あははははっ!
めちゃくちゃかわいい!!
そして似てる~(>▽<)
こちらは熱烈なファンも多い「こまつか苗」さんの作品。
正面から写真を撮ると額縁内に渡鬼ファミリーが収まるディスプレイだ。
ちなみに橋田壽賀子インコもいたけど初日に売れてしまったのだとか。

この「NOMAMISE」は年に4度。
3月・6月・9月・12月と季節ごとに開催される予定だそう。
次は、春。
もう場所覚えたし!(たぶん・・・)
楽しみ♪