美園町界隈と「おかず処たまちゃん」(川西)

ハッピー川西の東側の細い道。

真鍋金物店の南隣に

看板も店名も見当たらないお店がある。

以前から気にはなっていたけど、私が買い物をする夕方ぐらいにはいつも閉まっていた。
でも、今日は扉が全開!

中に入ってみると、派手なおばあちゃんが好きそうな婦人服、バッグや帽子などの小物類に加え、食器や陶器が所狭しと積まれていた。
あまりに雑多な陳列、ブティックというよりリサイクルショップかな?
モノは新品っぽいけど。。。
お店は無人で、特に買いたいものもなかったので(割と高額な値札のもの多数)、ぐるっと見渡した後にお店を出た。
謎は深まるけど、探索する時間も資金もないしな~。。。

能勢口方面に向かって行く途中、いい雰囲気の看板見つけた♪
写真だけ撮った後、川西麺業さんへ向かって自転車をコキコキ。

久しぶりにらーめん食べたかったのに、定休日だった。
あーん( ;∀;)

お隣のケプリさんは夏季休業中(7/27~9/8)。

そのまたお隣の猫東風さんも夏休み、しかもお昼営業そのものをやってなかった。。。
コロナの前は美味しいランチがいただけたのにな~。

どうしよう、とフラフラしていたら、かわにしマガジンで紹介されていた「おかず処 たまちゃん」が見えた。
そうだ、ここならおうどんがあったはず。

店中は地元客、というよりは、身内客っぽい人たちでにぎわっていた。
この日の日替わりは「焼そばor焼うどん定食」(700円)だったけど、みんないろんなものを食べている感じ。
ビールを開けているおじいちゃんもいた。

しばらくして注文した「きつねうどん」(450円)が着丼。
すでにお客のお姉さんから「かわいいね~♪」と褒められて嬉しい娘は、ニコニコしながらよく食べていた。