伊丹市立博物館と「うどん処ふっさん」

最近、1歳11か月の娘がかやくご飯をよく食べるので、出してるお店をサーチ。
そしてみつけた「うどん処ふっさん」。
伊丹市役所の近くにあるらしいので市役所の駐車場に車をとめた。
最初の1時間無料、以後30分ごとに150円。
平日の12時、駐車場は7割ぐらい埋まってる感じかな。
お昼の混雑を避けるため、まず市役所前の伊丹市立博物館へ向かった。

ちょうど開催されていた「むかしのくらし」という学習参考展。
木製の農機具や古い生活用品から大きな電卓まで、昭和初期~中期のものが展示されていて、娘が気に入ったのがこれ。

一升瓶に入った玄米を棒でついてぬかを落とすやつ。
私も映画やドラマでしか見たことないから、実物に感動しちゃったよ。
これ、遊び半分でちょっとやるには楽しいけど、白米になるまでどれくらいつかなきゃいけないんだろう(@_@;)
他にも黒電話のダイヤルを実際に回してみたり、2階の常設コーナーでおはじき握ったり、1歳児なりに満喫して博物館を出た。
そして「ふっさん」へ!

かやくご飯が入ってる「天ぷら定食」を頼んだ。
(本当はあんかけうどんを食べたかったけどさ(-.-))

幼児用フォークがさっそく乱入(^_^;)
かやくご飯は見た目は薄い色つきだけど出汁の味が効いてて美味しかった。
娘がばくばく食べてくれてとりあえず一安心。
おうどんの方はひやむぎに近いくらいの細さ。
事前にネットを見る限りでは「コシの強い細麺」ってあったけど、私が食べたのは箸で持ち上げたらプツプツ切れるくらいの柔らかさだった。
でも麺には出汁の味がしっかりついているのでマズくはなかった。
うーん、冷たいのにしたらコシがあったのかな?
天ぷらはエビは美味しかったけど、ちくわ天が油臭くてイマイチだった。

何気なく壁見たら「駐車場のご案内」があった。
え、どこにあったんやろう。。。

私たちのあとに女性1人、男性4人が入って来て「麺がなくなりました」。
14時半ラストオーダーのはずが13時半で「支度中」の札が出た。
うわ、うちらも結構ギリギリやってんや(*_*;